パソコンを処分したいのだけど、ハードディスクを物理的に破壊するにはどうやったらいいの?

壊れたパソコンを処分するときも、正常なパソコンと同じように必ずデータ消去をしておきましょう。パソコン本体が故障して動かなくなっていても、ハードディスクが動くのなら個人情報がもれる可能性があります。完全にデータを消去するには、専用の消去ソフトを利用するか、ハードディスクを物理的に破壊しなければなりません。

「物理的な壊し方」
パソコンが起動しない場合、もちろん専用の消去ソフトは使えないので物理的に破壊するしかありません。

用意するもの
・ドライバー(ハードディスクによっては星形のネジ穴がついているため、トルクスドライバーも必要になります)
・ハンマー
・あればゴーグルや水中メガネ(破片が飛び散るためです)

個人情報が記録されているのは、ハードディスクのケースではなく中に入っている磁気ディスク部分です。安全のためコンセントを抜いて、バッテリーを外してから作業して下さい。

1.パソコンの背面のネジを外したらハードディスクを取り出します。

2.ハードディスクのネジを外したら、すきまにドライバーを差し込んで持ち上げるような感じでフタを開けます。開かないときは、シールの下にネジが隠れているかも知れないので、シールをはがしてみて下さい。

3.アーム部分のネジを外したあと、磁気ディスクの中心にある回転軸のネジも外します。

4.磁気ディスクが取り外せるようになるので、ハンマーやドライバーで破壊します。破片が飛び散って危険なのでゴーグルなどをかけましょう。磁気ディスクの下に、さらに磁気ディスクが隠れていることがあるので注意して下さい。

パソコンを処分したいのだけど、ハードディスクを物理的に破壊するにはどうやったらいいの?

引用文献:パソコン処分 http://www.pczero-web.com/

「ハンマーやドライバー以外の方法は?」
精密部品だから、水の中に入れればデータが読み込めなくなりそうなイメージがありますよね。けれど、台風や大雨でぬれてしまったハードディスクからデータを復旧してくれるサービスがあるのです。そのため、叩き壊したり穴を開けたりしてキチンとディスクを壊す必要があります。

電子レンジの電磁波で壊せると聞いたことがありませんか?基盤が壊れる可能性はありますが、電子レンジくらいの電磁波ではハードディスクは壊せません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ