パソコンを処分したいのですが、データ消去ソフトのDESTROYの使い方を教えて下さい。DOSだけど難しくない!無料の完全消去ソフトDESTROYの使い方

パソコンを処分するときは、ハードディスク内を全て削除する必要がありますよね。ごみ箱を空にしたりリカバリーしただけでは、データ復旧ソフトを使えば削除したはずのデータを見ることができてしまいます。もし、データ復旧ソフトを使われたとしても、データを見られないようにするには、ハードディスク全体を1回以上、上書きして削除する必要があります。市販品やフリーソフトなどお好みのものを使って完全削除して下さい。

「DESTROYを使って削除しよう」
フリーソフトの中にDESTROYという完全削除ソフトがあります。英語のソフトなうえDOSも使われているため、使いにくいと思っている人は多いのではないでしょうか。そのため使い方を紹介します。

用意するもの
CD-R(ハードディスク内のウィンドウズが入っている部分も削除するため、CDからDESTROYを起動させます)

1.DESTROY(desty322.zip)をダウンロードしたら解凍して下さい。

2.解凍したファイルのうち、desty322.isoだけCD-Rに書き込みます。ウィンドウズ付属のライティングソフトを使うのなら、desty322.isoをダブルクリックすればディスクイメージ書き込みツールが出てきます。データではなくディスクイメージとして書き込んで下さい。

3.書き込んだCD-Rを入れたままパソコンを起動します。パソコンを起動したあと、CDドライブではなくウィンドウズが起動されてしまった場合は、CDドライブを優先するようBIOSの設定を変えて下さい。BIOSを変更するには、NECなら起動直後にF2ボタン、富士通ならF12ボタン、東芝ならF12ボタンを押します。

4.DESTROYが起動するとDOS画面が出てきます。 A:\>のあとdestroyと入力して実行ボタンを押します。

5.個人で使うのなら、personal useを、企業で使うのなら、registrationを選びます。

6.FUNCTION MENU画面が出ます。Nボタンを押してDrive selectionを選んだあと、削除したいドライブを選択して下さい。

7.好きな削除方法を選択します。0番は0で上書き、1番はFFで上書き、2番はランダムデータで上書き、3番はNSA方式、4番はDOD方式、7番は7回削除、8番は35回削除します。

8.確認画面が出ますので、確認したらYボタンを押したあとに実行ボタン。消去中は、画面の右下に終了予定時間が表示されます。

9.消去後、どれでも良いのでボタンを押すとFUNCTION MENU画面になります。エスケープボタンを押したあとCD-Rを取り出せば完了。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ