パソコンを処分したいのだけど、自作のパソコンの場合はどうすればいいの?

自作のパソコンを処分したくても、NECや富士通などのパソコンメーカーでは自社のパソコンしか回収していません。そのため自作のパソコンは、社団法人のパソコン3R推進協会か、住んでいる自治体か、巡回している回収業者か、産業廃棄物の処理会社などで処分してもらいます。

無料で処分したいという人は多いのではないでしょうか。パソコン3R推進協会の場合は有料で、自治体の場合は原則無料なのですが、パソコン回収を実施していない自治体もあります。巡回している回収業者の場合、なかには悪質な業者もいるので被害にあうおそれがあります。

産業廃棄物の処理会社にはパソコン処分.comという会社があるのですが、NHKのクローズアップ現代などテレビで放送されたほどの会社なんですよ。回収だけでなく送料もデータ消去も無料でやってくれるのでオススメです。

「パソコン処分.comの利用の仕方」
1.まず回収対象なのかをチェックしましょう。

回収できないもの
・ブラウン管モニターや、ブラウン管一体型のパソコン。
・割れていたり、画面が焼き付いているディスプレー。
・部品がバラバラになっているパソコン。
・パソコンではなくパソコン部品だけ。

回収できるもの(故障していても古くても、ハードディスク無しでも回収してもらえる)
・自作やメーカー製のノート、デスクトップ、一体型パソコン。
・液晶ディスプレー。
・キーボードやマウス、ケーブル、マニュアル類、オフィスソフト。

2.パソコンはダンボールなどで梱包する必要がありますが、もし会社まで持ち込むのなら梱包はいりません。梱包用のダンボールなどは自分で買わなければいけませんが、スーパーでは不用なダンボールを無料で提供していることもあります。ダンボールをつぎはぎしても、2箱を紐で1つにしても構わないので荷物は1箱にまとめましょう。また、緩衝材はいりません。

3.パソコンを発送するときは連絡しないで発送して下さい。クロネコヤマトだけは送料無料になります。クロネコヤマトに集荷依頼をするか、コンビニで着払い用の伝票を書いて発送します。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ